【2020梅雨のカビ対策は!?】そんな時に使う空気清浄機や除湿機の内部は大丈夫!?


こんにちは、川崎市・横浜市でハウスクリーニングをしているブリリアントドリーム合同会社です。

沖縄地方も梅雨入りしたと発表が御座いましたが、皆様は準備出来ていますか?

ウチはもう大丈夫!!

除湿器出しておいたから!!

それではダメなんです!用意は除湿器内部からなんです!

なぜなら、人は1日で約15,000リットルもの空気を吸い込むからなんです!!

2020梅雨のカビ対策は大丈夫!?空気清浄機や除湿機の内部はカビだらけ!!

今回はこちら↓↓↓

除湿器クリーニング 除湿器クリーニング

メーカー・作業内容:2016年式コロナ除湿機分解殺菌クリーニング

作業場所:川崎市麻生区五力田(ご郵送作業)

湿度が高くなると大活躍をする『除湿機』ですが、その中を見た事がある方は少ないと思います。

私たちは、ハウスクリーニング業をしながら、除湿機、加湿機、空気清浄機をクリーニングする、数少ない専門店として、今は他県からも郵送にてクリーニングを受けさせて頂いておりますが、この除湿機の内部のカビやホコリ

(ハウスダスト)には毎回驚かされております。

今回も除湿器機内部を一緒に観察していきたいと思いますので、お時間が許される方はご自宅の除湿機内部をご覧いただき、梅雨に向けちゃんとした準備をして行きましょう!!

まずは、分解クリーニングですので、分解が出来る所は全て分解をしていきます。

徹底して分解クリーニング

除湿器クリーニング

こちらは分解途中ですが、今回の機種は表面の分解でここまで見る事が出来ました。

しかし、除湿機は冷媒ガス(エアコンと同じ)が流れる銅管があり、少しでも無理をすると破損しそのまま廃棄になりますので、専門で無い限り内部は触らない方が絶対に良いです!!

ここまで来るとどんどん分解が進みます!

除湿器クリーニング

これでほとんどの分解が終了です!!

そしてここからが内部の観察スタートです!!

除湿機の内部は実はカビだらけ!!

まずは、除湿機に限らずに、機械の心臓部であるファンです、ファンが無くては風が出せませんし、人も吸い込みますので重要部品になります。

更にファンが汚れていれば洗濯物にカビの胞子やハウスダストが付着し、除湿機を使っているのに『洗濯物がクサイ!!』と言う症状が発生します!

それをご理解頂きご覧下さい。

除湿器クリーニング

こちらです!!

先ほども書きましたが、エアコンと同様にこのファンから風が出てきます。

つまり、カビやハウスダストを洗濯物に吹き付けている、と言うイメージになりますので、非常に危険と言って良いのでは無いでしょうか?

そもそもなぜファンが汚れるのか?

それは、ファンの手前にある部品(エアコン同様熱交換器)に原因があります。

衣類乾燥や除湿機能は熱交換器部分に湿気を付着させたり、熱交換器を温めて乾燥したりします、しかしその部分に汚れが溜まるとどんどん内部に入り込み、ファンが汚れてしまうと考えた下さい。

その熱交換器部分がこちらになります

除湿器クリーニング

ホコリも凄いですが、一部黒く見えるのが『カビ』です。

内部クリーニングの経験から、1~2年でこの位の汚れが多いですので、高価な商品が多い中どんな物を購入していいのか・・・

これは、プラズマクラスターも、プラズマイオンもストリーマ搭載も全て同じですので、安全にかつ効果を維持するには、内部クリーニングをするしか無いと言う事になります。

逆を言うと、安い商品を購入しても内部クリーニングをしていれば、高価な商品をそのまま使うよりもキレイに安心して使えると言う事です。

今まではファンや熱交換器にカビやホコリ(ハウスダスト)に関して書いてきましたが、他の場所にもカビは発生します。

除湿器クリーニング

こちらは除湿したお水をタンクまで誘導する部分です、これだけ真っ黒にカビが発生した状況で、使用を停止して内部の温度が上がると、このカビを含んだ蒸気ば内部に広がりますので、嫌なニオイの原因の元となります。

嫌なニオイがする、洗濯物がクサイ!!は、この内部の状況から起こるものですので、梅雨前の今から用意を始める事をおすすめ致します!!

さて、これだけのカビが有りますので、徹底したクリーニングが必要になります、分解したパーツは全て殺菌剤に浸けこみキレイにしていきます!

内部パーツの仕上がりはこんなにもキレイ

先ほどカビだらけだったファンもこんなにキレイになりました!!除湿器クリーニングこれだけキレイなら安心して使えますし、洗濯物がクサイ!!なんて事も少なくなります。

更にカビの凄かった熱交換器部分もこんな感じに!

除湿器クリーニング

汚れは元からキレイにしなくては意味がありませんので、空気の取り込み場所は特に念入りにクリーニングをしていきます。

そしてこの様にキレイになったパーツを組み上げていき、除湿機は蘇って行きます!!

除湿器クリーニング

除湿機内部のカビは簡単に掃除は出来ない!!

今回見て頂いた様に、除湿機内部のカビはそんな簡単にお掃除が出来ません。

しかし、内部はカビだらけなのが現状です、最近は3~4万円の商品が非常に多いですので、使い捨てはしたく無いと思います、健康や生活を豊かにするアイテムが、何もしないで使うと逆効果の場合があります。

一言で言います、除湿機おすすめサイトやお勧めランキングは当てになりません!!

その為には、定期的なメンテナンスが必ず必要になってきます、内部クリーニングをすればまだまだ使えます、安いからってオークションやフリマアプリで購入しても、内部は掃除されていません、どんな環境で使用され、どん

な汚れが有るかも分からないまま使用するのは非常に危険(今は尚更!!)です。

またエアコンが使い終わると暖房になるかと思いますが、そんな時は空気清浄機や加湿機のカビに注意です!

2019年には川崎市の介護施設で加湿器の調査をして、23台のうち4台からサルモネラ菌が確認されたと発表されております。

ぜひ健康、そして生活を豊かにするアイテムとして、正しくメンテナンスをしてお使い頂けるようご検討下さい。


カテゴリ:,
タグ:,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,


トップへ戻る
【公式】川崎市・横浜市|ハウスクリーニング|ブリリアントドリーム