手洗いの重要性と効果について


こんにちは、ハウスクリーニングのブリリアントドリームです。

今日は、手洗いに関してのお話です。

たかが手洗い、しかし非常に重要な事なのです。

いま現在、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、ドラッグストアから

アルコール除菌剤やマスクが消えてしまっている事は、皆さんもご存知かと思います。

除菌系の手洗い石鹸も無いお店が出ている中で、どの様に感染対策をしたら良いのか?

どの様にしたら家族や大切な人を感染から守れるのか、これは重要課題だと思います。

今回ご紹介する方法は非常に簡単ですので、ぜひご家庭でやってみて下さい。

・外出先で石鹸が無い!!

・家でも石鹸を切らしている!!

一大事です!!

こんなにウイルスで騒がれているのに、石鹸が無いなんて・・・

でも、そんな時は『流水』でよく洗いましょう!!

水洗いだけで良いのか??

実は、流水で15秒以上流すだけでかなりの菌を洗い流す事が出来ます。

なので石鹸が無いからと、手洗いを後でしよう!と諦めないで下さい。

国立医薬品食品衛生研究所に下記の様な記事が御座いましたのでご紹介致します。

手洗いの時間・回数による効果

手洗いの方法

残存ウイルス数(残存率)*

手洗いなし

約1,000,000個

流水で15秒手洗い

約10,000個(約1%)

用意があるならハンドソープを使うとさらに効果的!!

ハンドソープで10秒または30秒もみ洗い後、流水で15秒すすぎ

数百個

ハンドソープで15秒もみ洗い後、流水で15秒すすぎ

数十個(約0.01%)

ハンドソープで10秒もみ洗後、流水で15秒すすぎを2回繰り返す

約数個(約0.0001%)

http://journal.kansensho.or.jp/Disp?pdf=0800050496.pdf国立医薬品食品衛生研究所研究データ引用

更に、医療品販売などをしている SARAYAのホームページに『プロフェッショナル手洗い』というページが

あり、そのページを見てみるとやはり同じ様な実験結果が御座います。

衛生的手洗い「洗って・ふいて・消毒」の効果

対象菌として、大腸菌を手指に塗布し、洗って・ふいて・消毒の各工程で菌の減り具合を調べる実験を行い、

回収された菌数をグラフに示しました。

縦軸を対数の値で示しています。石けんで洗うだけで菌数が2ケタ程度減少し、ペーパータオルで水分および

汚れをふき取るようにすると、さらに1ケタ減少します。

(1ケタ減少するということは菌数が1/10程度になったことを示し、2ケタ減少するということは、

菌数が1/100程度になったことを示します。)アルコールを噴霧して手指消毒を行うとさらに1ケタ以上減少し

ほぼ検出限界以下となり、この連続した「洗って・ふいて・消毒」のプロセスが有効であることが確認できます。

※グローブジュース法:手に滅菌手袋を着用し、その中に回収液を入れて菌を揉み出し、回収した液を培養し、細菌数を測定する方法(サラヤ㈱ バイオケミカル研究所調引用)

サラヤ㈱ バイオケミカル研究所調べ

SARAYAホームページ https://pro.saraya.com/pro-tearai/science/index.html

上記グラフを見ても、ハンドソープで手を洗う事によりかなりの菌の減少が確認出来ます。

また布タオルでは無く、『ペーパータオル』を使う事で、水と共に菌まで減少させてくれます!!

この時点で菌の数は、通常時の1/100程度にまで減少しています。

更に、アルコール除菌剤などを使用すると、ほぼ検出限界以下となります。

国も、アルコール除菌関連の商品の増産を各メーカーに依頼し、既に進めております。

近いうちにドラッグストアなどの店頭にも陳列される事を願い、見つけたらぜひ購入して

より確実な感染症対策をして、大切なご家族を感染から守りましょう!!

これから地域によっては小中高も休校になります、そんな時にも家庭内で簡単に出来る対処法です。

インスタ公開中!!

インスタ

川崎市・横浜市ハウスクリーニングプロショップ

ブリリアントドリーム合同会社


カテゴリ:,,
タグ:,,,,,,


トップへ戻る
川崎市・横浜市|ハウスクリーニング|ブリリアントドリーム