【見えない汚れを見せます!】目に見えない『菌やウイルス』が潜む家庭内の危険な場所


こんにちは、ハウスクリーニングのブリリアントドリームです。

前回『手洗いの重要性と効果について』という記事を書きましたが、今回はそんな手に付着する菌やウイルスが

家庭内のどこにあるのか

家庭内の危険な場所!!

の話をさせて頂きたいと思います。

今回注目したいのが、『トイレ』です!!

ハウスクリーニングをやっておりますので、いつもキレイにされているトイレで実験を致しましたので

どうぞ少しだけお付き合いください。

早速ですが撮影した画像がありますので、どんな場所に菌やウイルスが沢山あるのかをご覧ください。

また、今回は特殊なライトとレンズを使用し、検査の様な増菌をせず現状のままをご覧頂きたいと思います。

まずトイレに入るのに電気を付けます、その際にスイッチ、ドア枠を触っている事が確認出来ます、感染対策でもドアノブ、スイッチは危険な場所とされています。(トイレの照明は人感センサー付きがお勧めです。)

トイレに入り便座を上げる為に便座の蓋を触ってます、今回右からのみ触った痕跡が発見されました。

便座に座り用を足したり

お子様なら立ったままでしょうか・・

立ったままだとクロスにまで飛び散る!!

これでクロスを触れば感染ですね・・

便座などにリモコン機能がある場合は、流す、ビデ、シャワーボタンも大変に危険な場所です!!

タンク側の水栓も危ない!!

絶対に使用するペーパーホルダーは汚れています!!

このように

トイレには菌やウイルスが至る所に沢山存在します!

清潔にたもてるように、アルコールや次亜塩素酸等を使いお掃除をして頂くと大変に効果的です!!

また、最後になりますが、こちらは危険と言って良いのでしょうか・・・

恐怖と言って良いのではないでしょうか・・・

いつも便座内をお掃除するトイレブラシですが、こちらは、(財)北里環境科学センターの調べで、

家庭で使用されてる受け皿付きトイレブラシを検査し、「ブラシには1本あたり72万~8億4000万個の細菌と、

7万2000~330万個のカビが付着している」という調査結果が報告されています

近年では、百円均一などで安くありますし、定期的に交換しても良いかも知れませんね!!

画像を参考にお掃除に取り入れて頂ければ幸いです。

インスタ公開中!!

インスタ

川崎市・横浜市ハウスクリーニングプロショップ

ブリリアントドリーム合同会社


カテゴリ:,,,
タグ:,,,,,,


トップへ戻る
川崎市・横浜市|ハウスクリーニング|ブリリアントドリーム